子猫の下痢を自宅で治療する方法

子猫の下痢を自宅で治療する方法
下痢は猫によく見られる病気で、猫が腐敗した食べ物やカビを食べることによって引き起こされます。Aods 猫の下痢を自宅ですぐに治療する方法を学びましょう。

子猫の下痢を自宅で治療する方法

子猫の下痢を自宅で治療する方法

クイックビュー

1. 猫の下痢の原因
2. 自宅で猫の下痢を治療する方法
3. 猫の下痢を予防する方法
4. 猫が下痢をしたときのQ&A
下痢の猫には何を与えればよいでしょうか?
下痢の猫にはどのような薬を与えればよいでしょうか?
猫が下痢をしているとき、獣医師に連れて行ったほうがいいでしょうか?
下痢は動物によく見られる症状の一つであり、猫も例外ではありません。しかし、その症状の原因と、猫の健康と安全を確保するために猫が下痢をしたときの対処方法は何でしょうか?以下の記事でXANHデパートについて調べてみましょう!

初め

猫の下痢の原因

細菌や蠕虫の感染が原因で
細菌や蠕虫の感染が原因
猫は、家庭内にある物を食べたり噛んだりするなどの日常生活を通じて簡単に蠕虫に感染することがよくあります。特に生まれたばかりの子猫は感染する可能性が高くなります。
大腸菌、サルモネラ菌、カンピロバクター、コクシジウムなどの一部の種類の細菌や寄生虫は、急性腸炎を引き起こす可能性があります。一般的な症状は、嘔吐、下痢、膨満感、脱水症状であり、重度の場合は死に至る可能性があり、最大40%のリスクがあります。すぐに駆虫しないと60%。

消化器疾患

消化器疾患
消化器疾患
キャットフードに問題がある: 猫の消化器系が突然変化し、頻繁に下痢や軟便を起こします。これは、猫に与えているメニューに問題があることが原因である可能性があります。食品にカビが生えたり、腐ったりする可能性があります。
さらに、原因は猫の餌の容器にある可能性があります。長い間汚れていて洗っていない可能性があります。最後に、各段階の猫の消化器系に適切な栄養と安全性の両方を確保するために、それぞれの猫の発育年齢に応じた食事に注意を払う必要があります。
猫は雑な食べ物を食べる:猫は走ったりジャンプしたりするのが大好きな動物なので、その過程で多くの奇妙な物を見つけてそれを食べるため、これが猫の腹痛や下痢の原因にもなります。それらの異物には、腐った動物の死骸や、ガソリン、石炭、洗剤、ダニ、石鹸、除草剤などの有毒化学物質が含まれます。
子猫の下痢を自宅で治療する方法

流行による影響

流行による影響
流行による影響
猫がワクチン接種を十分に受けていない場合、感染する可能性が高く、重度の下痢を引き起こします。
猫白血病ウイルス複合疾患:FeLVと呼ばれるウイルスは発熱を引き起こす能力があり、猫に食事をとらなくなり、頻繁な下痢や脱水症状を引き起こします。
免疫不全疾患 FIV (猫免疫不全感染症): この病気に罹患した猫は虚血を起こし、皮膚潰瘍やリンパ節炎を引き起こします。猫が炎症性の液体を舐めると、下痢が現れます。
FIP(猫伝染性腹膜炎):この病気は、循環障害を引き起こすコロナウイルス株によって引き起こされ、組織細胞に栄養を与えるための水分不足、貧血や下痢を伴う脱水症状を引き起こします。さらに危険なのは、肝不全、腎不全、そして死亡です。
猫汎白血球減少症(ケア病):この病気の死亡率は最大90%で、猫が感染すると重度の出血性下痢を引き起こします。
2
猫の下痢を自宅で治療する方法
自宅で猫の下痢を治療する方法はたくさんあります。具体的には次のとおりです。
タンパク質と繊維質のバランスをとった食事: 猫の消化器系を健康で適応力のある状態に保つには、タンパク質と繊維質のバランスがとれた食事を検討する必要があります。
タンパク質と食物繊維のバランスをとった食事を心がける
タンパク質と食物繊維のバランスをとった食事を心がける
猫に十分な水を与える:下痢をすると猫は大量の水分を失うため、猫に定期的に水を飲ませる必要があります。そのため、症状の悪化を避けるために、猫に定期的かつ適切に水を与えるように注意する必要があります。が起こります。
6 か月ごとに定期的に猫の駆虫を行う:猫の下痢の原因の 1 つである寄生虫の増殖を制限するために、6 か月ごとに猫の駆虫を行うことに注意を払う必要があります。
子猫の下痢を自宅で治療する方法
ペットが早く良くなるように、猫用の安全で効果的な 7 つの駆虫薬について学びましょう。
猫にメタムシル – コレステロールを減らす繊維サプリメントを与えてください。猫が下痢をしているとき、小さじ1/2杯のメタムシルを食べ物に混ぜて1日2回、1日5~7日間継続して飲むと、病気が治まる可能性があります。コントロール!
プロバイオティクスと消化酵素を組み合わせてフードに加える:猫の下痢を改善するために猫用の消化酵素を組み合わせて、消化器系に善玉菌を提供することができます。
ビタミンCの補給:ビタミンCの補給は、猫のストレスや緊張を和らげ、下痢を改善するのに役立ちます。
猫が脱水症状、食欲不振、排便時の重度の出血など、多くの心配な症状を伴う下痢の兆候を示した場合は、直ちに獣医師の診察を受け、適切かつ迅速な治療を受ける必要があります。
3
chを防ぐ方法

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *